会社沿革

昭和15年1月 石田金属工業所を創立し、プレス加工並びにアルミニウム家庭金物の生産を開始。
昭和15年4月 三菱電機株式会社神戸製作所並びに伊丹製作所と取引を開始。
昭和22年10月 大開工場を開設。
昭和25年12月 石田金属工業株式会社設立。
昭和31年8月 三菱電機株式会社大阪営業所のエレベーター並びにエスカレータの据付工事を請負い、第3工事部を新設。
昭和32年2月 東京営業所開設。三菱電機株式会社本社昇降機事業部と取引を開始。
昭和33年10月 札幌営業所を開設。三菱電機株式会社札幌営業所と取引を開始。
昭和34年12月 第3工事部・東京営業所・札幌営業所を分離し、石田施設株式会社設立。
昭和36年1月 エスカレータ外装化粧板工事を開始。
昭和39年2月 御幣島工場を開設。
昭和44年4月 三菱電機株式会社設備工事協力会社の認定を受く。
昭和45年7月 北陸出張所開設。
昭和46年4月 各種配電盤の組立専門工場(篠山工場)を開設。
昭和47年8月 四日市出張所開設。三菱電機株式会社名古屋営業所と取引を開始。
昭和49年7月 仙台出張所開設。三菱電機株式会社東北営業所と取引を開始。
昭和50年3月 特機部門を設立 三菱電機株式会社(昇降機部門)、三菱重工業株式会社(立体駐車場装置)、特約店並びに環境装置関係設計・施工を開始。
昭和50年10月 三菱重工業株式会社((立体駐車場装置)の委託を受け、保守メンテナンス業務を開始。
昭和51年2月 村田機械製立体自動倉庫の保守・改修業務を開始。
昭和51年10月 広島出張所、福岡出張所を開設。
昭和56年2月 香川県三豊郡財田町に各種配電盤の組立専門工場(財田工場)を開設。
昭和57年4月 本社より大阪支店を分離、東京営業所を東京支店に昇格、各出張所を営業所に名称変更。
昭和57年6月 三菱電機製レーザー加工機、放電加工機据付、調整を開始。
昭和57年8月 名古屋営業所を四日市市より名古屋市に移転開設。
昭和58年5月 大開工場を御幣島工場に統合 篠山工場を財田工場に統合。
昭和58年7月 財田工場を分離し、宝田電産株式会社を設立。
昭和61年10月 MHIパーキング株式会社設立に伴い、引続き立体駐車場業務を委託。
昭和63年9月 四国営業所を高松市に開設。
平成元年10月 横浜営業所を開設。
平成6年1月 神戸営業所を開設。
平成8年11月 石田金属工業株式会社と石田施設株式会社を合併 石田エンジニアリング株式会社に社名変更。
平成12年6月 ISO9001 認証取得(御幣島工場)。
平成15年11月 御幣島工場と大阪支店ビルシステム部を統合し大阪支店西事業所を発足。
平成24年3月 西事業所に太陽光パネル設置。
平成27年4月 西事業所を関西事業所に名称変更。
浦和事業所を北関東営業所に名称変更。
平成28年4月 西梅田営業所を開設。